【ベトナム投資】ベトナム市場連動を目指す2つのETFのご紹介

ベトナム

今回はベトナムに投資できる2つのETFを紹介します。残念ながら、日本に上場しているベトナムETFというのはありません。米国と香港市場で上場している2つのETFの紹介となります。

  • マーケット・ベクトル ベトナムETF (VNM):Market Vectors Vietnam ETF
  • db x トラッカーズ FTSE ベトナム ETF (DFVT):db x-trackers FTSE Vietnam Index ETF

 両者とも手数料安く買え、ベトナム市場の指数(VN指数)と連動を目指していますので、積立をしっかりしていければ、ベトナム成長の果実が受け取れると思います。

 どちらでも良いと思いますが、 db x-trackers FTSE Vietnam Index ETF のほうが、構成銘柄的にベトナム市場にリンクする可能性が高いため、おすすめです。

マーケット・ベクトル ベトナムETF (VNM)

 正式名称(英語):Market Vectors Vietnam ETF

 マーケット・ベクトル・ベトナム・インデックスに連動を目指すETFとなります。原則としてベトナムの売上が50%以上の企業で構成されておりますが、一部外国籍(約25%)の会社も含んだ運用となっています。コストを考えると、こちらのETFを積み立てていくのも1つの戦略として良いと思います。

レタントン
レタントン

構成銘柄には、外国の企業も25%入ってるいます。

ベトナムETFは、マーケット・べクトル・ベトナム・インデックスの価格と利回り(手数料や
経費控除前)にできるだけ連動する運用実績を目指します。このインデックスは、主に
ベトナムに本社があり主にベトナムで上場されており、売上高の50%以上をベトナム国
内の売上高が占めている上場企業へのエクスポージャーを提供します。このインデッ
クスには、売上高の50%以上をベトナム国内の売上高が占めているか、ベトナム市場で
重要/優勢な地位にあり成長が見込まれるベトナム以外の国の企業も含まれています。
したがって、当ファンドには同国への投資リスクが伴います。

目論見書より

<基本情報>

  • 運営会社:ヴァンエック・グローバル
  • 取引通貨:米ドル
  • 信託報酬 :0.67% (年間)
  • 決算:年1回(12月)
  • 配当:あり
  • 純資産総額:411億円
  • 証券会社 SBI証券、楽天証券、マネックス証券など

<株価>

db x トラッカーズ FTSE ベトナム ETF (DXS7)

正式名称(英語):dbx-trackers FTSE Vietnam Index ETF

こちらのETFも、ベトナム市場全体へのインデックスと連動を目指しています。構成銘柄は20程度と若干少なめになっていますが、市場連動性の高い大型銘柄を組み込んでいますので、市場との連動性はVNMより高いものになっています。

レタントン
レタントン

こちらは純粋にベトナムVN指数と連動を目指してますね。

構成銘柄は若干少なめです。

<基本情報>

  • 運営会社:ドイツ銀行グループ(ルクセンブルク)
  • 取引通貨:米ドル
  • 信託報酬 :0.85% (年間)
  • 決算:年1回(12月)
  • 配当:あり
  • 販売会社 楽天証券

<株価>

まとめ

 今回は、ベトナム投資する2つのETFをご紹介しました。2つとも外国籍のETFですので、日本語での情報はあまり出ておらず、一般的ではないのかもしれませんが、しっかりと市場連動を目指しており、投資信託などと比較しても、ベトナムの成長果実が取りやすいものになるではないかと思います。

 それでは!

なぜ今ベトナムに投資すべきなのか?その魅力と投資方法とは
ベトナム投資の魅力と投資方法について解説します。労働人口が多く、GDPの成長が続くベトナムには、たいへん多くの投資の機会があります。今回はベトナムの投資する方法について、投資信託、個別株、不動産、定期預金などをご紹介したいと思います。
【おすすめ】ベトナム投資信託はこれ1つで大丈夫!
ベトナムに投資してみたいと思う方に、おすすめな投資信託について解説します。大手証券会社で買えるベトナム関連の投資信託は4つありますが、その比較と、おすすめしたい投資信託を紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました