【配当金生活への軌跡】2020年12月

配当金生活

2020年も早くも終わろうとしています。

本年度に受け取った配当金を報告いたします。

新型コロナウィルスで、株価は大幅下落し、一時はどうなるかとおもっていましたが、そこからの急激な戻しもあり、私の資産ポートフォーリオも急回復をしています。

運のいいことに、今年の初めに高配当株にも投資しようと思っており、ポートフォリオを組み替えている最中にコロナショックが起こり、比較的現金比率が高かったのも幸いしていると思います。

さて、来年はどんな年になるのか、、、

引き続き、「金のタマゴを産むニワトリちゃん」を育てていきたいと思います。

配当金生活への軌跡

給料所得に続く、第2の収入の柱として、株式配当金による収入を育てています。

”金のタマゴを産むニワトリ””金のなる木を育てる”のイメージで、複利の力を最大限に生かしながら、少しずつ大きくしていきたいと思っています。モチベーションアップも含めて、その軌跡を毎月ブログで報告したいと思います。

金のたまごを産むニワトリちゃん イメージ

月間配当金(2020年12月)

2020年12月の受取配当金(税引後)は、40,005円でした。

配当をいただいた会社は下記になります!ありがとうございました。

ティッカー会社名
KHCKRAFT HEINZ CO
RDS BROYAL DUTCH B
SRETGBLX SDIV REIT
XOMEXXONMOBIL
8591オリックス
PFFISHARES PREFER
SOSOUTHERN CO
8306三菱UFJフィナンシャルG
WFCWELLS FARGO
8252丸井グループ
9433KDDI
9728日本管財

月別グラフでみた配当収入(2020年)

月別の配当収入のグラフは下記の通りです。(数値はすべて税引後)

累計受取配当金の推移(2020年)

 こちらは累計受取配当金の推移は下記の通りです。(数値はすべて税引後)

 年間受取配当金は、280,543円となりました。

配当金生活に向けた戦略

基本的に下記の方針にて、配当金金額を少しずつ増加させる戦略をとっています。

投資の方針

  • 米国の高配当株、ETFを買い続ける。日本株の高配当株も一部購入する。
  • 配当金は再投資し続ける。
  • ETFは出来るだけ機械的に買い付けを続ける。個別株は暴落時に購入する。

来年に向けた戦略

日本株・米国株とも割高な水準となっていますが、定期購入での積み立ては続けていきたいと思います。個別株では、日本の銀行・商社など、まだ割安を思われる会社がありますので、そちらを買うチャンスを待ちたいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました