【体験談】ベトナム不動産に、ほぼ全財産を投資した結果

ベトナム不動産投資

今回は、私がベトナム不動産にほぼ全財産を投資した結果をお伝えしたいと思います。現在、2軒の区分マンションを購入して、ほぼ全財産をベトナム不動産に投資し、賃貸管理・運用を行っています。今回はその顛末についてお話したいと思います。

ベトナム不動産に、ほぼ全財産を投資した結果

サイゴン川

ベトナム不動産に、ほぼ全財産を投資した結果は、大成功です。

それでは、値上がり金額と賃貸収益について結果報告(2020年4月現在)をしたいと思います。物件価格も上がっており、年間約10%程度値上がりしているため、キャピタルゲインも取れそうです。

【1軒目】ホーチミン市・7区(2LDK・100m2)

2015年 1200万円で購入(⇒現在2,000万円【市場価格】)

空室率 4% 平均賃料収益10万円/月 120万円/月(税引後)

【2軒目】ホーチミン市・4区(2LDK・60m2)

2018年 1600万円で購入(⇒現在1,800万円【市場価格】)

空室率0% 平均賃料収益9万円/月 108万円/月(税引後) 

利回り 8.14%  228万円(年間収益)÷2800万円(投資額)

【3軒目】ホーチミン市・2区(2LDK・72m2)

2022年末完成予定で、現在少しずつ支払いをしています。

ホーチミン市での不動産投資をおすすめする理由

ベトナムの経済の成長性!特にホーチミン市が伸びてます

ベトナムは若い人口が多く、経済成長も右肩が上がりです。毎年7%程度の経済成長をしており、今後も高い成長が期待されます。インフレ率も安定して上昇しており、不動産に投資することによって、キャピタルゲインを狙えると思います。また、日中韓、欧米からの投資も増えてきています。それに伴い多くの外国人駐在員が増え、賃貸需要も多くあり、高めの賃料設定でインカムゲインも狙えると思います。

ベトナム1人当たりGDP(世界経済のネタ帳より)

世界の投資家がホーチミン市に注目

 不動産大手PWC社やCRBE社が、毎年出しているレポートによると、ベトナムへの投資が世界的に注目を浴びているとのことです。PWC社のレポート(日本語)やCRBE社のレポート(英語)でも、ベトナムホーチミン市は2019年度の調査で投資推奨(買い)を継続しています。住宅だけでなく、オフィス、商業施設、物流、ホテルなどでも高い買い推奨が出ています。

PWCレポートより
Emerging Trends in Real Estate® アジア太平洋2019年版
PwCとアーバンランド・インスティテュート(ULI)とが毎年共同発表している不動産動向調査報告書です。アジア太平洋地域における不動産投資と開発のトレンド、不動産金融・資本市場の状況および不動産部門別・都市別の傾向について見通しを示しています。
2020 REAL ESTATE MARKET OUTLOOK

法整備やルールが整ってきた

 2015年、私が買った時期は、外国人の購入が解禁されたばかりで、法律は決まったものの、実務の運用ルールが出来ておらず、また実績もないことから、本当に投資家保護がされるのかわからない点が多かったと思います。

  •  ディベロッパーが信頼できるのか?
  •  所有権の発行がされるのか?
  •  賃貸での運用は認められるのか?
  •  売却して、海外へ出金できるのか

現在では、それぞれ事例が出てきており、トラブルもありますが、安心して投資する環境が出来てきたと思います。もちろん、法改正ということも考えられますので、リスクはありますが、サポートしてくれる管理会社も増えていますので、リスクを抑えられると思います。

投資を検討する具体的な情報収集方法

 少しでも興味を持った方は、さらに情報収集をしてみることをおすすめします。小さくないお金の投資になりますので、1人の意見ではなく、複数の意見を聞いて、総合的に投資判断すると良いと思います。

不動産仲介会社に相談する

 ベトナムには、日本人向けに不動産購入・管理をサポートしてくれる不動産会社が複数あります。また、日本で活動している不動産会社もありますので、コンタクトを取って話を聞くと良いです。売買だけでなく、不動産管理まで行ってもらえう会社を選定いたしました。

エスパシオベトナム

 不動産の売買を得意とする会社です。日本とベトナムに拠点を持ち、ベトナムからの豊かな最新の情報を日本で相談できる点が良いと思います。

地球と不動産

不動産の売買を得意とする会社です。ベトナムでは、現地の不動産会社と提携し、最新の情報の収集を行っています。頻繁に日本国内でもセミナーを開かれていますので、セミナーに参加するのも情報収集に良いと思います。

RESS不動産

 ベトナムで不動産の賃貸業を行うことを得意とする会社です。現地の代表である松本社長はベトナム語も堪能で、独自のコネクションを用いて、情報提供をしてくれます。

N-ASSET

ベトナムで不動産で賃貸業を始め、近年売買のサポートを開始した会社です。日本側でも、法人をもっており、こちらも不動産投資のサポートを行っています。日本国内とベトナムの不動産投資をサポートしていますので、幅広い情報が得ることができると思います。

本を読んで勉強する

 具体的に購入を検討したい方へ、私の著書をご紹介したいと思います。詳しい経験談や購入物件・費用を乗せていますので、参考になると思います。特典付き

ベトナム不動産投資実践編

ホーチミン2019年版

¥500

Kindle Unlimitted 対応

ベトナム在住歴10年の著者が、不動産投資に挑戦!さて、儲かったのか?どういったリスクがあったのか?体験談を語ります。

また、リセール市場を徹底調査し、あの人気物件は出来たときからどのくらい価格上昇しているのか、調査しています。

そして、これから買おうと思っている方に向けて、2019年9月現在で買える物件の情報を解説します。

【本書の特徴】
海外不動産投資を始めてみようという方に、ベトナム・ホーチミン市の現状を投資家目線で解説します。これから買おうと思っている人はもちろん、ベトナムや東南アジアの不動産事情を知りたい方にもお勧めの書籍となっています。

【こんな人にオススメ】
・海外不動産投資に興味があり、ベトナムでの購入を検討している方
・ベトナムの不動産投資って儲かるの?これからどうなるの?と思っている方
・すでに買って運用中の方、どこで売り時かを検討したい方

***【特典】このブログ経由で購入した方へ特典***
このブログ経由で購入した方に、「ベトナム不動産」に関しまして、無料で相談を受けつけます。ベトナム在住者かつ投資経験者の視点から、誠心誠意をもって、回答させていただきます。

*************************

 不動産投資は、大きな金額の投資になります。ベトナムでしたら300万円~500万円という金額でも投資物件(安すぎるのは、おすすめしません)ありますが、それでも高額な投資です。

 ほとんどの方は、不動産売買の仲介の会社を通して買うことになると思いますが、売りたい人の意見だけでなく、ぜひ第3者(在住者の投資経験者)の意見を聞くことをおすすめします。

まとめ

 今回は、「【経験談】ベトナム不動産に、ほぼ全財産を投資した結果」を記載したしました。その結果、キャピタルゲイン、インカムゲインとも想定以上の利益をもたらせてくれています。海外、東南アジアなどで不動産投資を検討している方に参考にしていただければと思います。

 それでは!

なぜ今ベトナムに投資すべきなのか?その魅力と投資方法とは
ベトナム投資の魅力と投資方法について解説します。労働人口が多く、GDPの成長が続くベトナムには、たいへん多くの投資の機会があります。今回はベトナムの投資する方法について、投資信託、個別株、不動産、定期預金などをご紹介したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました