【配当金生活への軌跡】2020年3月

配当金生活

 2020年3月に受け取った配当金を報告いたします。

 新型コロナウィルスで、株価は大幅下落しています。それに伴い配当利回りは向上していますが、今後企業の業績がどのようになるのか、全く読めません。

 私のポートフォーリオも、大きく含み損になっています。

しかし、ここはチャンスとみて、高配当のETF、株を積極的に購入していきたいと思います。

配当金生活への軌跡

 給料所得に続く、第2の収入の柱として、株式配当金による収入を育てています。

 ”金のタマゴを産むニワトリ””金のなる木を育てる”のイメージで、複利の力を最大限に生かしながら、少しずつ大きくしていきたいと思っています。モチベーションアップも含めて、その軌跡を毎月ブログで報告したいと思います。

金のたまごを産むニワトリちゃん

月間配当金(2020年3月)

2020年1月の受取配当金(税引後)は、21,587円でした。

12月権利確定の日本株からの配当もありました。日本株は権利確定から払込まで時間がかかります。

受取配当金の内訳 (税引後|単位:円)

 銘柄コード  銘柄名 配当金 
SPYDSPDR SP500 H DIV7,316
RDS BROYAL DUTCH B1,650
2914日本たばこ産業7,700
3197すかいらーくHD797
PFFiシェアーズ 優先株式 & インカム証券 ETF4,189
合計21,652
受取配当金

月別グラフでみた配当収入(2020年)

 月別の配当収入のグラフは下記の通りです。(数値はすべて税引後)

累計受取配当金の推移(2020年)

 こちらは累計受取配当金の推移は下記の通りです。(数値はすべて税引後)

 年間受取配当金は、62,311円となりました。

配当金生活に向けた戦略

投資の方針

  • 米国の高配当株、ETFを買い続ける。日本株の高配当株も一部購入する。
  • 配当金は再投資し続ける。
  • ETFは出来るだけ機械的に買い付けを続ける。個別株は暴落時に購入する。

来月に向けた戦略

 いただいた配当金は、そのままPFF( iシェアーズ 優先株式 & インカム証券 ETF )を全額購入しました。株式市場全体が落ち込む中、PFFは小規模な下落で留まっており、暴落時の強さが証明できたと思います。

 大幅下落はチャンスですので、ここの機会にしっかり買っていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました