ベトナムにおける外国人従業員と労働許可:Degree 152

ベトナム生活

ベトナム政府は、2 月 15 日に施行された法令 152/2020/ND-CP (法令 152) を導入しました。

外国人労働許可書に関わる法令の改正で、現在ベトナムで働いている外国人、これからベトナムで働く外国人にとって、重要な法案の改正となります。

<ポイント>

  • ベトナム政府は、ベトナムでの外国人従業員の雇用と管理を見落としている労働法の実施をガイドする法令 152/2020/ND-CP (法令 152) を導入しました。
  • 法令 152 は 2 月 15 日に発効し、法令 11 を含む他の法令に取って代わります。
  • 雇用主は、新しい法令を注意深く調べて、遵守していることを確認が必要となります。厳しい罰則のリスクを負う必要があります。

Decree 152 は、Decree 11 および Decree 75 に代わるものであり、企業が外国人を雇用する方法を規定しています。新しい規制は、以前の法令に比べてより厳しいようです。

Degree 152 のポイント

外国人従業員の雇用を必要とする雇用主は、雇用開始の 30 日前に労働傷病兵社会問題省(MoLISA:Ministry of Labour, Invalid and Social Affairs ) に書面による要請を提出する必要があります。

返信は、通常10 日程度で届きます。

その後、雇用主は MoLISA に労働許可を申請する必要があります。

これは、理想的には、外国人労働者が雇用を開始する 15 日前に適用する必要があります。

労働許可の処理には最大10営業日かかります。

労働許可証は、労働者/外国人が直接申請することはできません。

ベトナムの雇用主の支援が必要です。

労働許可の要件

政令 152 によると、外国の専門家は次のように定義されます。

  • 学士以上の学位を有し、外国人従業員が雇用された職務に関連する分野で3年以上の勤務経験があること
  • 外国人従業員が雇用された仕事に関連する実務証明書で少なくとも5年の経験があること
  • MoLISA による首相の裁量に該当する特別な場合

マネージャーは次のように定義されます。

  • 組織の責任者

エグゼクティブは次のように定義されます。

  • 雇用主の関連事業体を直接管理する従業員

テクニカル ワーカーは次のように定義されます。

  • 技術分野または他の専攻で少なくとも 1 年間訓練を受け、訓練された分野で少なくとも 3 年間働いている個人。
  • ベトナムで雇用される仕事に関連して少なくとも5年の経験があります。

Decree 152 では、労働許可の申請に必要ないくつかの書類が必要です。

これらには次のものが含まれます。

  • 申し込みフォーム
  • 保健省のガイドラインに従って過去 1 年間に発行された健康証明書
  • 6 か月以上経過した警察または犯罪許可証明書
  • マネージャーまたはエグゼクティブとしての証明
  • 専門家または技術労働者としての証明
  • 外国人従業員の需要により、MoLISAからの受け入れ

労働許可の免除

Decree 152 には、労働許可の免除に関するいくつかのケースがリストされています。

そのため、外国人は、会社への資本拠出が少なくとも 130,400 米ドル (30 億ドン) である場合、労働許可を免除されます。

ベトナムに最大30日間入国する専門家、管理者、または技術者は、1 年に 3 回を超えない限り、労働許可が免除される場合があります。

ベトナム市民と結婚し、ベトナムに住む外国人労働者も労働許可を免除されます。

さらに、労働許可が免除されている外国人を雇用する企業は、従業員がベトナムで働き始める少なくとも3日前にMoLISAに通知する必要があります。

労働許可証の更新

労働許可証は、MoLISA への申請により、有効期限日の 5 日以上 45 日以内に更新する必要があります。

ベトナム人従業員

新政令によると、外国企業はベトナム人従業員を直接採用することができるようになり、採用に関して管轄当局を利用する必要はありません。

外国人労働者に対するより厳しい基準

前述のように、政令 152 は、外国人がベトナムで雇用される仕事で少なくとも 5 年の実務経験を持つ実務証明書を持っていることを要求しています。

政令はまた、実行証明書が何を伴うべきかを明記しておらず、専門家は、ベトナムでの職務に関連する学士号以上を取得しており、最低 3 年の実務経験が必要です。

また、実務証明書は海外の企業・団体による確認が必要です。

いくつかの企業は、新しい規制に関して懸念を表明しており、外国人が取得するすべての学位が現在の仕事に関連するわけではないが、従業員は経験豊富である可能性があると述べています。

雇用主は、コンプライアンス遵守

政令 152 は、政府がベトナムで外国人を雇用することをより厳しくしていることを示しています。

したがって、企業は新しい法令に注意し、慎重に検討して、新しい規制に準拠していることを確認することをお勧めしています。

順守していない企業や従業員は、労働許可証を持たずに発見された場合、労働規則を無視して厳しい罰則や国外退去に直面することさえあります。

この記事は 2021 年 2 月に最初に公開され、最新の開発を含むように更新されていることに注意してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました