【ベトナム株】水力発電の各社比較とおすすめ(高配当)

ベトナム株戦略

今回はベトナム水力発電業界の各社を業績や2021年の業績予想などを比較していきたいと思います。

石炭とガスの価格が急激に上昇する現状では、電力コストが石炭とガスの電力よりもはるかに低いため、水力発電会社には利点があります。電力不足を見越して、発電する容量を増やしている会社も出てきています。また、株価も比較的安定しており、配当利回りも高めに設定している企業が多いように思います。

しかし、水力発電の出力は安定しておらず、各地域の水の状況に依存するということに注意が必要です。

水力発電企業の紹介

水力発電は多くの企業が存在しているため、売上規模から11社をピックアップしています。

SSI証券が利用しているFiinTrade Rank という数値で会社の状態を大まかに把握できると思います。

  • Value(価値、割安度)・・・Value株のランキング
  • Growth(成長性)・・・成長株のランキング
  • Momentum(勢い)・・・現在の勢い
  • VGM(財務)・・・財務評価のランキング
銘柄社名価値成長勢い財務
VSHヴィンソン・ソンヒン水力発電FBCC
TMPタックモ水力発電BBCB
CHP中部水力発電DBCB
SHP南部水力発電DCBB
TBCタックバー水力発電BCBB
SJDカンドン水力発電BCCB
SEB中部電気開発投資DCCC
S4Aセサン4A水力発電所DCCC
SBAソンバ水力発電DCDC
HJSナムムー水力発電FCFF
DRL第3電力・水力発電CABA

2020年売上ランキング

下記のグラフは、各社の売上・経常利益・利益率を表しています。

左から時価総額の高い会社順に並べています。

2020年売上トップ・利益額トップは、ともに中部水力発電(CHP)でした。

業界全体として、高い利益率を誇っており、安定性がある業界と思います。

2020年売上トップ

会社名時価総額売上経常利益利益率
中部水力発電(CHP)3,136,5868,3052,78433.5%
タックバー水力発電(TBC)1,930,4005,3301,80933.9%
タックモ水力発電(TMP)3,500,0004,4321,78540.3%
南部水力発電(SHP)2,530,1764,29460714.1%
ヴィンソン・ソンヒン水力発電(VSH)7,063,6143,4061,88355.3%
カンドン水力発電(SJD)1,480,0213,3131,01130.5%
ソンバ水力発電(SBA)1,226,8032,9821,01934.2%
中部電気開発投資(SEB)1,436,7992,6011,12843.4%
セサン4A水力発電所(S4A)1,263,8902,33385936.8%
ナムムー水力発電(HJS)701,3971,89056229.8%
第3電力・水力発電(DRL)628,90096855757.6%

ROE、PERのバブルチャート

縦軸がPER・横軸がROEとなります。円の大きさが時価総額となります。

データは2021年11月時点のものです。

PER10~15、ROE10~20あたりに集中しています。急成長はしないものの、まだ割安な業界ともいえると思います。

石油・ガスが値上がりする中、水力発電業界が発電量をのばしていくことも予想されるため、発電量の推移などをみて投資判断をしていくのも良いと思います。

配当利回りランキング

Thông báo điều tiết nước qua Đập tràn hồ chứa Thủy điện Thác Mơ lần 4

2020年度の配当実績です。Trading View データから取得しています。

昨年の配当実績÷現在の株価のため、過去の実績利回りではありません。

配当性向が高い企業が多いようです。利益を株主に還元する姿勢は強い業界のようです。

社名利回り配当性向
タックモ水力発電(TMP)14.46292%
カンドン水力発電(SJD)9.7999%
タックバー水力発電(TBC)8.2289%
中部電気開発投資(SEB)7.5793%
第3電力・水力発電(DRL)7.5594%
中部水力発電(CHP)7.4986%
セサン4A水力発電所(S4A)6.6896%
ナムムー水力発電(HJS)6.5989%
ソンバ水力発電(SBA)4.9176%
南部水力発電(SHP)1.8573%

会社個別の分析

干上がった水力発電所、リスク管理も忘れずに!

SSIのレポートによりますと、南部の水力が安定しており、SJD、TMPは今後も発電量を増やしていくと予想しています。

まとめ

今回は、水力発電の会社について、比較・まとめを行いました。

WEBページをみても、なかなかその戦略というのはわかりずらく、どの会社が良いというのは難しかったのですが、石油価格高騰の中で、水力発電全体として伸びていく可能性は高いと思います。

個別でみても、出来高があまり多くなく、値動きも読めない印象です。配当性向も100%に近く、利益が出たものをそのまま還元してくれる傾向のため、債券的にもって配当をもらう戦略が良いと思います。

それでは

<関連記事>

銀行業界の分析記事です。業績好調な企業が多いです。

証券業界の分析記事です。銀行業界同様に業績好調の企業が多いです。

エネルギー関連産業の分析記事です。原油価格高騰により、株価を上げはじめています。

業界比較のまとめ記事です。

コメント

  1. 銭1 より:

    こんにちは。
    COPの動きを見ると、やはり水力発電は中期的なテーマ株の一つになるでしょうね。

    それにしてもレタントンさんのサイトは、デザインもスッキリしつつ上品でも美しい。見やすくて分かり易いし、何より分析も客観的で勉強になります。
    すごいなぁ・・・(尊敬!)

    • レタントン より:

      ありがとうございます!

      ベトナムは産油国ですが、国内の需要を賄うことができないので
      今後緊急なテーマになるのかなぁと思っています。

      ブログはいつまで続けられるかわかりませんが、
      自分の備忘録にもなりますし、誰かのお役に立てるのはうれしいですね!

タイトルとURLをコピーしました