【コロナウイルス】ベトナムで流行した感染防止の歌から学べる事<日本語訳付き>

ベトナム生活

 今回は、ベトナムで流行したコロナウイルス対策の社会啓蒙の歌が話題を呼んでいます。歌の雰囲気がいい感じで口ずさんでしまうのですが、歌詞も良い感じです。Google翻訳を使って翻訳してみましたので、ご紹介したいと思います。

ベトナムのコロナ感染防止の歌とは?

 ベトナム労働衛生 環境 研究所が、ベトナムでの新型コロナウイルスに対する危険な病気という認識と感染拡大を防ぐため、「GhenCôVy」 の歌を2020年2月24日に発表しました。 音楽はベトナムの歌手KhacHƯNG x MIN x ERIKの人気曲「Ghen(嫉妬)」をベースにしたもので、ベトナムが感染防止のための手洗いや消毒の大切さを歌にしています。

Ghen Cô Vy| NIOEH x K.HƯNG x MIN x ERIK | WASHING HAND SONG | CORONA SONG
レタントン
レタントン

企画から作詞・作曲、あっという間にベトナムに広がりました!

ミーちゃん
ミーちゃん

この素早い行動が国民1人1人に伝わって感染が少なくなったのかもです。

「未知なる病気と闘うこの重要な時期に、この歌が、医師や医療従事者などの最前線で働く人たちや国民にストレスを軽減できることを願っています。」と保健省はこの曲を作った理由を述べています。

コロナソングの歌詞(日本語)

 どのようなメッセージが込められているか、日本語ですと、下記のようなものになります。(翻訳者ではないので、おおよその意味を感じてもらえると嬉しいです)。

 すごくシンプルにやるべきことがわかるメッセージですね。「ベトナムは新型肺炎に勝つことを決意した」なんてのは、国威発揚を促すベトナムらしいメッセージですね。

最近、ヤバイウィルスが出現した
その名はコロナ
どこから来たんだ?故郷は武漢
平和な日常は、たちまち逃げ去った、、、
OH OH OH

警戒心をMAXにしろ!
拡大させるな!
OH OH OH

新型肺炎が猛威をふるわないように
しっかり手を洗え!
目・鼻・口を手でさわるな!
人混みに入るな!
コロナウィルスを撃退しよう
CORONA CORONA

健康に気を配れ!
周りの空気をきれいに保て!
さぁみんなで意識を高めて!
コロナウィルスを撃退しよう!
CORONA CORONA
小さいやつだが、めちゃめちゃ残酷
おまえのせいでたくさん死んだ
難しくても、みんな頑張っている
おまえがこれ以上成長しないように
OH OH OH

警戒心をMAXにしろ!
拡大させるな!
OH OH OH

新型肺炎が猛威をふるわないように
しっかり手を洗え!
目・鼻・口を手でさわるな!
人混みに入るな!
コロナウィルスを撃退しよう
CORONA CORONA

健康に気を配れ!
周りの空気をきれいに保て!
さぁみんなで意識を高めて!
コロナウィルスを撃退しよう!
CORONA CORONA

医師もみんな、全力全開
労働者や会社員も
みんな、みんな用意万全
ベトナムは、新型肺炎に勝つこと決意した!

今日準備が済めば、もうOK
明日はもう大丈夫だ
押し寄せる困難も気にしない
ベトナムは、新型肺炎に勝つこと決意した!

原曲となる「 Ghen(嫉妬 )」

  元の曲となります「Ghen」という曲をご紹介します。 ベトナムのミュージックビデオを見る機会はあまりないと思いますが、ドラマ仕立てになっているものが多く、曲のイメージに合わせて、物語が進んでいきます。タイトルのとおり、恋人同士が嫉妬をして、相手をののしり、破局していく様がコミカルに描かれており、面白いものとなっています。

Ghen – OFFICIAL MV FULL | KHẮC HƯNG x MIN x ERIK

ミンさんは、マスク10,000枚と手指消毒剤500本を病院に寄贈するなどの活動も行っています。

ベトナムの新聞より引用

イオンベトナム

 イオンベトナムもこの曲を使って啓蒙活動していますね。決して楽観視していないベトナムですが、やっぱり明るい人たちです。ほんとに店員?と疑うくらい踊り上手ですね。

"GHEN CÔ VY" | NIOEH x KHẮC HƯNG x MIN x ERIK | VIDEO DANCE COVER BY AEON

まとめ

 ベトナム人は国難にあったとき、団結を見せるというのは、今回のことでも証明されたのかと思います。明るいベトナム人は、若い方を中心にこの曲でダンスを作り、自らYoutubeなどに投稿し、どんどんこの曲を広めました。

 私の友人たちも、感染の広がる日本を心配してくれ、メッセージをくれました。本当に温かく強い国民だなと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました