【ベトナム株】ベトコンバンク(VCB)【銀行】

ベトナム

ベトナム優良企業の1つであるベトコンバンク(Vietcombank)をご紹介いたします。

正式名称は、Joint Stock Commercial Bank for Foreign Trade of Vietnamです。

ベトナムにおいてベトコムバンクは、アグリバンク、ベトナム工商銀行(CTG)、ベトナム投資開発銀行(BID)と並ぶ国営4大銀行の一行です。その中でも、「A leading player in Vietnam’s banking sector」と言われるNo.1の規模と収益を誇るメガバンクとなります。

設立は1963 年で、従 業 員 数:約 14,000 名、拠 点 数:90 支店、351 出張所、総 資 産:約 2.8 兆円、自己資本比率:11.35%で運営されています。

レタントン
レタントン

街のいたるところに、支店やATMを設置している大変有名な銀行です。

事業内容

会社概要

ベトナムにおいて大規模で最も歴史のある銀行の1つです。

貿易決済、預金、貸付等の伝統的な銀行業務分野だけでなく、外貨売買、国際クレジットカード、電子銀行取引などの分野においてもTOPクラスの 銀行として地位を築いています。

国際決済に関わる各取引業務において長年の歴史で培った信用があり、世界各国の大手銀行と取引関係を持っています。

63省・市中54省・市に広がる店舗網(本店1か所、現金処理センター1か所、支店111か所、出張所472か所)を有しています。

世界102か国・領土の1316銀行と代理店契約を締結(2019年末)。

2012年1月にみずほ銀行の資本参加を受けて以来、これまでに大垣共立銀行やフィデアホールディングス、日本の国際協力銀行のなど、多くの日本金融機関と業務提携を行っています。

https://www.mizuho-fg.co.jp/release/pdf/20110930release_jp.pdf

ベトナム国家銀行(中央銀行)が求める国際的な資本規制「バーゼル11]を適用済です。

事業戦略

小売業顧客セグメントの成長にフォーカスを当てていくことを直近のテーマとしてあげております。

直近では、不動産分野への進出も、次の柱として考えているようです。

決算報告資料より

競合他社

銀行業界は、非常に多くの競合があります。2021年Q1比較では、株価の出遅れが目立っています。

VN30銘柄

ベトコンバンクは、ベトナムでの超優良企業の指数であるVN30にも選ばれています。

株価

株価の推移となります。

2016年上場以来、順調な右肩上がりの株価を維持しています。安定した収益基盤を持つ同社の株をポートフォーリオには入れておきたいという投資家が多いのかと思います。

ベトコンバンクの財務分析

収益状況

2016年には赤字決算を記録していますが、それ以降、安定した収益および高利益率(40%以上)を誇っており、非常に盤石な財務基盤を持っています。

成長率

成長率は安定しておりませんが、EPSは順調に伸びております。

資本効率

PERは、20以下をキープしており、今後の業績次第では、まだまだ伸びていくものと思われます。

キャッシュフロー

配当

配当は右肩下がりです。

キャッシュフローが安定してきておりますので、株主還元を期待したいです。

今後の見通し

2021年株式総会にて、2025年20億ドルの利益を達成すると目標を立てています。

レタントン
レタントン

2020年度の利益が約14億ドルですので、毎年+10%の伸びですね

そのうち、リテールバンキング事業で50%の利益を獲得することを目指しています。

また、海外への事業展開も視野にいれており、他の銀行とは若干異なる事業戦略をとっています。

2021年の事業計画は、売上・利益とも+10%となっており、他の銀行の平均20%~30%から見ると遅れをとっています。直近の株価があがっていかないのはこのあたりに要因があるのではないかと思います。

まとめ

今回は、ベトコンバンクを会社概要について、まとめました。

ベトナム経済の伸びに合わせて、最大の恩恵を受ける会社かと思います。

安定度が万全なうえに、2025年までに大きな成長を目標に掲げていますので、この会社の安定性+成長力に投資するのは良いかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました