【ベトナム株】「鉄は国家なり」 ホアファットグループ(HPG)の業績・株価見通し

ベトナム株

会社概要

概要

Hoa Phat Group Joint Stock Company(HPG)は、ベトナムの多部門産業グループです。

HPGは、1992年8月に建築設備および機械部品の取引を行っていた会社を皮切りに、家具(1995)、鋼管(1996)、鋼(2000)、冷凍工学(2001)、および不動産(2001)事業を開始しました。

2007年、HPGは、ホアファットグループ共同持株会社がメンバー企業とともに親会社として機能するグループのモデルの下で事業に移行しました。

Hoa Phat Groupは、建設用鋼、鋼管、被覆鋼板、家具、冷凍工学、建設機械、農業、不動産を主な事業としています。

鉄鋼生産は、グループの総収益と利益の80%以上を占めるコアビジネスです。

HPGは、ベトナムで最大の建築用鋼および鋼管の生産者であり、対応する市場シェアは32.5%対31.7%であり、ベトナムのオフィス家具市場シェアで主導的な地位を占めています。

HPGは、2007年からホーチミン証券取引所(HOSE)に上場および取引されています。

レタントン
レタントン

ベトナム最大の鉄鋼会社です。

ミーちゃん
ミーちゃん

鉄鋼需要が高く、投資も引き続き行っている成長企業です。

事業戦略・マーケット

北部ハイズオン省、南中部クアンガイ省ズンクアット経済区内で大規模な鉄鋼生産拠点を展開しています。ハイズオン省では自社専用の発電所、クアンガイ省の生産拠点内に大型船の寄港が可能な深水港をそれぞれ保有しています。

今後は、めっき鋼板事業への投資を強化するとともに、クアンガイ省のズンクアット鉄鋼生産コンプレックス案件(第2期)は年産能力560万t、投資総額85兆VNDで、2024年初めに稼働を開始予定。また、同エリア内で、火力発電所を建設する計画があります。
農業事業では2022年までに、飼料工場(年産能力60万t)をフル稼働させる計画です。

アイザワ証券、今井アナリストの企業訪問記 (1)「ホアファットグループ、ズンクァット鉄鋼コンプレックス」[コラム]
スケールの大きな鉄鋼投資  昨年12月下旬にベトナムの鉄鋼最大手である

(アイザワ証券、今井アナリストの企業訪問記 (1)「ホアファットグループ、ズンクァット鉄鋼コンプレックス」)

公式ホームページ

英語版

ホアファットグループ社の財務分析

レタントン
レタントン

データはSSI証券から取得しています♪

収益

2021年の売上は1,200,000億ドン、経常利益は225,000億ドンの計画です。(利益率 18.75%)
前期と比較して、売上:131% 経常利益:147%の伸びです。

資産価値

1株当たり純資産は、前期29,395ドン
今期は、35,720ドンになる計画です

レタントン
レタントン

綺麗な右肩上がりですね♪

収益性・成長性

1株当たり純利益は、前期2,402ドン
今期は、3,520ドンになる計画です(上昇率:146%)

キャッシュフロー

営業キャッシュフローがプラスです。

投資キャッシュフローがきっちりされており、回収時期にはいってきています。

配当利回り

2020年から配当を500ドン行っています。

配当性向も低く、今後は安定的に配当が入ると思われます。

四半期進捗・チャート

現在の株価(TradingViewへリンク)

2021年Q2

進捗率50%超えており、このままいけば計画達成されると思います。

2Q前年同期進捗率前年比
売上668,988401,45356%67%
経常利益113,04557,52850%97%
純利益76,07150,60342%50%

7月より調整が入りましたが、長期的な上昇トレンドになっておりますので、問題ないと思います。

今後の見通し

鉄鋼はベトナムの成長に不可欠なものであり、今後も高い成長が期待できます。ベトナムをけん引していく企業の一つとして、今後も成長していくと予想しています。ただ、2022年に向けて販売予想が思ったよりもあがっておらず、成長の鈍化も懸念事項として記憶しておく必要があると思います。

同業他社についても、特にシェアを奪い合うという形ではなく、共に成長していくような感じかと思っています。

(10億ドン)2018年2019年2020年2021年2022年
純売上高55,83663,65890,119143,440147,499
伸び率(前年比)20.96%14.01%41.57%59.17%2.83%
粗利益11,67111,18518,90536,46434,768
粗利益率20.90%17.57%20.98%25.42%23.57%
税引前利益10,0719,09715,35532,22330,517
純利益8,6017,57813,50629,48427,923
伸び率(前年比)7.30%-11.90%78.20%118.30%-5.30%
利益予想(SSI証券)
販売量(トン)2018年2019年2020年2021年2022年
建設用鋼2,377,7882,775,0663,400,4043,846,3104,488,404
鋼ビレット 220,0001,768,2271,100,000411,596
鋼管653,900750,800821,840879,369949,718
HRC                   686,4332,800,0003,400,000
販売量(SSI証券)

新事業

HPGは、オーストラリアのローパーバレー鉄鉱石鉱山を買収すると発表した。

推定埋蔵量は3億2000万トン、年間採掘能力は400万トンで、現在のHPGのニーズの30%以上に相当する。同社はこの新鉱山からの鉄鉱石が2022年の初めから採掘されると予想し、生産と輸送の総コストは110〜120米ドル/トンであり、現在の世界価格である約180米ドル/トンよりもはるかに低い。

同社はまた、近い将来、自給自足能力を50%に引き上げるために、オーストラリアの他の鉄鉱石鉱山を買収することを検討している。

まとめ・株価予想(独断)

成長性や企業としての堅実性からも、今後も順調に伸びていくものと思われます。

理論株価は、78,000ドンとなっております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました