【ベトナム株】大手民間銀行・テクコムバンク(TCB)の業績・株価見通し

個別株

会社概要

概要

ベトナテクコムバンク(Techcombank)は、1993年に設立されました。

この銀行は、金融サービスの提供を行っています。

不良債権(NPL)は1.3%に管理されており、バーゼルIIによる自己資本比率(CAR)は15.5%です。 2020年、TCBの純利息マージン(NIM)は5.04%で、前年比0.55%増加し、不良債権比率(NPL)の値は0.47%であり、貸倒引当率は170%、これにより、当行は、不良債権が最も少ない上場公的銀行の上位5位にランクされています。

Techcombankは2007年から公開会社になりました。

Vài nét về ngân hàng Techcombank
レタントン
レタントン

マサングループを筆頭株主(約15%)に持つ銀行です。ビングループ、サングループとも良好な関係です。

ミーちゃん
ミーちゃん

不動産購入者への貸付が順調に伸びており、売上を伸ばしています。

事業戦略・マーケット

不動産融資

最大手のビングループ、サングループの不動産融資ローンの貸し出しが増えており、このような大手企業との付き合いから顧客基盤を広げていっています。

保険

保険大手のManulife社とバンカシュアランスによる事業提携を行っており、こちらに力を入れています。

マサングループとの提携

Techcombankが投資家会議で明らかにした将来の計画の1つは、CVLife(コンビニエンスライフ)プロジェクトを通じたMasanGroupとの協力モデルです。このプロジェクトの目標は、多くのユーティリティを一度に統合することで、お客様に簡単で便利な生活を提供することです。

公式ホームページ

英語版

テクコムバンク社の財務分析

レタントン
レタントン

データはSSI証券から取得しています♪

収益

2021年の売上は300,983億ドン、経常利益は132,000億ドンの計画です。(利益率 43.8%)
前期と比較して、売上:111% 経常利益:84%の伸びです。

今期は増収、減益の目標を立てており、利益率も下がっています。

資産価値

1株当たり純資産は、前期125,425ドン
今期は、143,885ドンになる計画です。

2018年より1株あたり資産は上昇傾向です。

収益性・成長性

1株当たり純利益は、前期3,155ドン
今期は、2,623ドンになる計画です。(上昇率:83.5%)

キャッシュフロー

営業CFは下記5期ともプラスに作用しています。概ね問題ないと思います。

配当利回り

過去5年間配当はありませんでした。

四半期進捗・チャート

現在の株価(TradingViewへリンク)

2021年Q2

2021年Q2の状況です。進捗率は50%を超えており、上方修正もありそうな形となっています。

2Q前年同期進捗率前年比
売上181,382119,25660%+52%
経常利益115,36167,37687%+71%
純利益92,82953,94688%+72%

7月まで力強い上昇を続けていましたが、現在は調整期間となっています。

今後の見通し

今後は他の銀行との競争が過熱してくると思いますが、マサングループをはじめ、ビングループなどと友好的な関係を気付くことができれば、この銀行の優位性が確保されると思います。

中期的な計画は不明のため、割愛させていただきます。

まとめ・株価予想(独断)

2021年が保守的な予想から事業の伸びに対して懸念があると考えています。2021年が増収・減益予想から増収・増益が確実になってから、投資すると良いように思います。現状としては「見送り」としています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました