【ベトナム株】小売/食品大手・マサングループ(MSN)の業績・株価の見通し

個別株

会社概要

概要

以前はMasan Maritime Joint StockCompanyを母体として持つ、マサングループ / MasanGroup Corporation(MSN)は、2004年に設立されました。

マサングループは、MasanConsumer、Masan MeatLife、Masan Hitech Material、Techcombankを傘下に持つ持ち株会社です。

MSNは、2009年後半からホーチミン証券取引所(HOSE)に上場しています。

レタントン
レタントン

食料品生産・販売を中心に、金融や資源開発も行う大会社です。

ミーちゃん
ミーちゃん

ビングループからVINMARTを買収し、業態変換を目指しています。

事業戦略・マーケット

マサングループは、小売、食品・飲料、畜産・飼料、鉱産の4つを主力事業としています。

畜産・飼料事業

Masan MEATLifeにより、豚肉のほか、豚の角煮・煮玉子、やハムなどの付加価値製品も生産しています。また、全国で養豚飼料工場を展開し、生産しています。

加工食品・飲料事業

Masan Consumer にて、醤油、ヌックマム、チリソ ース、即席めん、加工食肉、コーヒー分野におけるトッフメー力一であり、製造販売を行っています。

小売事業

2019年末にビングループのVinMartとコンビニエンスストアVinMart+を運営するを買収。それぞれ「ウィンマート(WinMart)」と「ウィンマートフラス(WinMart +)」に改称し、2021年6月時点で計約2500店舗を展開しています。

銀行業界

グループ会社の1社であるTechcombank傘下に持っています。

売上高構成比率(2020年)

  • 小売り40%
  • 調味料・加工食品・加工済み食肉21%
  • 飲料6%
  • パーソナルケア・ファミリーケア:2%
  • 飼料18%
  • 食肉3%
  • 鉱産採掘9%

グループ会社・出資関係

韓国SK企業が出資しており、当企業の今後の可能性を表しています。

韓国SKグループは6日、ベトナムの流通最大手のビンコマースに出資したと発表した。4億1000万ドル(約450億円)を投じて同社株の16.3%を取得した。SKは「ネットと実店舗を結ぶオムニチャネル事業者として成長を期待する」とし、情報通信など自社グループの既存事業との相乗効果を模索する。

日経新聞より

公式ホームページ

英語版

マサングループ社の財務分析

レタントン
レタントン

データはSSI証券から取得しています♪

収益

2021年の売上は1,020,000億ドン、経常利益は50,000億ドンの計画です。(利益率 2.95%)
前期と比較して、売上:203% 経常利益:33%の伸びです。

売上は急激に伸びてきていますが、2020年より利益率の低下が目立ちます。

資産価値

1株当たり純資産は、前期98,526ドン
今期は、102,239ドンになる計画です。

買収など進めており、資本としては減少しておりますが、資産は増加傾向です。

収益性・成長性

1株当たり純利益は、前期13,85ドン
今期は、2,964ドンになる計画です。(上昇率:32.6%)

キャッシュフロー

営業キャッシュフローがプラスであり、安定していると考えられます。投資キャッシュフローは大きくなっており、こちらの回収が計画通りにいくかがカギになると思います。

配当利回り

2020年、2021年とも約1000ドン程度配当が出ております。

四半期進捗・チャート

現在の株価(TradingViewへリンク)

2021年Q2

今期目標に対して、50%いっておらず、苦戦している状況が見えます。

昨年比では売上・利益とも大幅に増やしてきています。

2Q前年同期進捗率前年比
売上418,981361,53841%16%
経常利益16,2892,51133%549%
純利益13,962-1,61935%-962%

株価は右肩あがりでトレンドを継続しており、非常に好調です。

2020年10月日足チャート

今後の見通し

食品事業として有名な会社でしたが、VinCommerce事業で小売りの割合を大幅に増やしてきています。この事業の成否がこの会社の命運をわけてくると思います。

業績としては、今後も成長が期待できる業界ですが、利益がまだついてきていないため、株価に反映されてくるかがポイントかと思います。

まとめ・株価予想(独断)

株価が先行して上げってきており、成長への期待度がわかります。

ただ、主力である小売り・食品とも外資系との闘いも激化してくることから、その戦いに勝てるかどうかが1つのポイントと考えられます。

現時点では、トレンドフォローによる買いはありかと思いますが、原則は「様子見」としたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました