【ベトナム株】VPバンク(VPB)の業績・株価見通し

個別株

会社概要

概要

Vietnam Prosperity Joint Stock Commercial Bank(VPBank)は、以前は民間企業向けベトナム共同株式商業銀行として知られていましたが、1993年に非国営の民間企業として設立されました。

VPBankは、金融商品の提供と信用供与を中核事業としています。国際銀行サービス、外貨取引、金融投資、リスク管理、資本保護にも携わっています。

2020年の純利息マージン(NIM)は8.82%で、前年比で-0.72%減少し、上場企業のトップ5にランクされています。銀行。不良債権比率(NPL)は3.41%です。貸倒引当率は45.31%です。

バーゼルⅡ適用済

VPBankは、2017年8月からホーチミン証券取引所(HOSE)に上場され、取引されています。

レタントン
レタントン

消費者金融の最王手FEクレジットを傘下に持ち、多くの顧客基盤を持つ銀行です。

事業戦略・マーケット

VPBankは、「夢のアクション」をモットーに、最も消費者に優しい銀行になる方向で誕生しました。VPBankは常に6つの明確なコアバリューに基づいて運営されてきました。

顧客中心、効率的、野心的、常に人を育て、常に信頼し、違いを生み出します。

セルフ窓口端末導入

窓口業務のオンライン化を進めており、業務の効率化にも積極的です。

FE Credit

消費者金融のトップシェアを持っており、クレジットカード、個人ローン、バイクローン、携帯電話ローンなど幅広く展開しています。これらにより、多くの顧客リストを抱えており、また消費者金融業の伸びも今後大きくなってくると思われます。

三井住友フィナンシャルグループ出資

三井住友フィナンシャルグループHPより

出資の狙いについて、添付のファイルより

公式ホームページ

英語版

VPバンク社の財務分析

レタントン
レタントン

データはSSI証券から取得しています♪

収益

2021年の売上は400,000億ドン、経常利益は166,540億ドンの計画です。(利益率 41.6%)
前期と比較して、売上:2.5% 経常利益:27.9%の成長率です。

売上・利益とも伸びてきており、好調の銀行業界においても、高い成長率を保っています。

資産価値

1株当たり純資産は、前期165,625ドン
今期は、107,847ドンになる計画です。

2021年10月の株式分割により、1株あたりの資産は減少しています。

収益性・成長性

1株当たり純利益は、前期3,602ドン
今期は、2,622ドンになる計画です。(上昇率:-27.2%)

2021年10月の株式分割により、1株あたりの純利益は減少しています。

ROEは、右肩あがりになっており、高い成長率を今後も保っていくと思われます。

キャッシュフロー

営業CFは下記5期ともプラスに作用しています。概ね問題ないと思います。

配当利回り

配当は過去5年間出ておりません。

四半期進捗・チャート

現在の株価(TradingViewへリンク)

2021年Q3

業績

3Q前年同期進捗率前年比
売上332,310283,25683%+17%
経常利益117,35793,97570%+25%
純利益93,79075,16570%+25%

チャート

2021年11月時点の日足チャートです。

7月に調整が入り、下落トレンドにはいりましたが、10月の株式分割後は、ゆるやかな上昇トレンドに戻ってきています。出来高減は顕著にチャートに現れていますので、再上昇に向けては出来高増が必要になると思います。

今度の見通し

VNDirect Reserchセンターによると、今後3年間のEPS成長率は25.4%となっており、今後も高い成長率をたもっていくものと思われます。

FE Creditについては短期的な売却効果もあり、株価目標もあがっていますが、FE Creditは、ローン残高の12.28%の減少、NIMの軟化、およびクレジットコストの増加により、前年比減益になるなど、立て直しが必要になってくると思います。

まとめ・株価予想(独断)

今回はVPBANKの今後の業績・株価見通しについて記載しました。

他行との差ということで、消費者金融の子会社を持つことが、優位性を保てる形となっており、この基盤をどう活用するかがポイントとなっているようです。

資産価値・事業価値とも右肩あがりになっており、理論株価があとになって実際の株価に追随していることからも、投資家にとって信頼ある会社として認識されつつあるのかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました